五行色体表を使って気付きのヒントに

今日はTFHインストラクターの富田麻里さんが開催している勉強会に参加しました。

ちなみにTFHを簡単に説明すると「キネシオロジーによる心身バランス健康法」です。

前半は質問力について参加者のかたと情報共有しました。

『どんな質問をすれば、その人の本質を引き出せるか?』

2、3個考えて、私は「何をしている時がワクワクしていますか?」をひとつシェアさせていただきました。

他の方の質問もとても参考になりました。

どんな質問をするかで身体がどのように反応するかが変わってくるので質問の仕方はとても大事なことだと再認識することができました。

後半はセッション練習でしたが、最近は右背中の痛みがあるのでそれについてバランス調整をしていただきました。

胃経と脾経に対応する筋肉の反応が弱かったので、その筋肉を強化するポイントをマッサージして調整しました。

胃経と脾経は五行色体表では土のグループに属します。

土に属する臓器は「思い煩い」が過ぎると体調が悪くなると言われています。

最近は公私で色々とやることが同時進行していて、頭の中が整理できず思考が止まっている感じがしていました。

状況を客観視することでストレスに対して耐性ができたと思います。

もしかしたら、20数年前に反対側が痛かったのも同じ原因かも知れないと気付きました。

こうやって定期的に自己観察することは大切ですね!

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA